篠原千絵原画展~博多~
又聞き感想ヽ(^o^)丿

2019年9月12日~23日 博多で開催された篠原千絵原画展の又聞き感想です。
博多の原画展に行った方から、感想と写真を送っていただきました。
行ってない私が言うのも何だけど(笑)、
これを読んであなたも博多の原画展に行った気分になりましょう!(*^-^*)



貴重な入口看板です。
東京で私はこの看板、撮りそびれました。さっそくありがとう。



入場チケットのような看板!
これも東京展にはなかったのでいいですね!



見取り図ですね。
うーん、見取り図見ているとだんだん行った気分になってきました♪



フォトスポットは同じですね。
なんだ~、行ってくれれば、ねねのタワナアンナ冠、お貸ししたのに~(笑)。


参考画像。
こんな感じ♪


原画やグッズの販売は東京展と殆ど同じみたいです。
同じと分かっていても行きたいです、また見たいです。
原画展はゆっくりと見られたようです。
篠原先生が原画展がおわったら撤去される壁に落書きしたユーリも、しっかり見ることができたそうです。


目玉?のジュエリー絵画は、
販売数に赤いシールが付いているのですが、

ラムセス 2つ

ユーリ&カイル 1つ

だったそうです(9月15日現在)。

「このシールは博多だけの枚数ですか?」

と聞いてもらったところ、
(私が聞いてもらうように頼んだ)

「東京からのトータルの数です」

という答えが返ってきたそうです。


と、いうことは!

ユーリ&カイル所有者は世界でねね一人!
(日本で開催されているのにスケールが世界に……笑)

いや、もう。宇宙で一枚ってことにしておきます。

これを買う勇気をくださったHPをご覧の皆様に本当に感謝です。
このまま宇宙を背負ってオタク道進みます。






【BACK】 【HOME】