宙組公演 「天は赤い河のほとり」
宝塚大劇場に行ってきました!



☆ねねの宝塚な一日☆
ネタバレなしバージョン


2018年3月17日早朝。東京駅から新幹線で新大阪へ。
9時頃、20年来の友人、ともさんと合流し宝塚の駅に着きました。
駅前に宝塚らしい銅像があったので、記念写真。



よぉーし、この写真を早速ブログにUPするぞ!
そう思い、スマホからブログの管理画面に入ろうとすると……。
関西にきてしまったせいか、いつもと違う電波のせいか、
端末(スマホ)がねねではない認識をしはじめて管理画面に入れない!
何度やっても入れない!

これはもう……

ヒッタイト帝国皇太后、ナキアによる通信妨害としか思えない。

おそるべし、ナキア。
ブログが更新できなかったのはナキアのせいにして、
公演を楽しみましょ♪
あっさり諦めたねねは花の道を通って宝塚大劇場へ。
初宝塚になんだか感動。
トイレに行っていたら、あっという間に開演時間になってしまったので席に着きました。


この公演を原作ファンの立場で一言でいうとしたら、



歌って踊る天河総集編

ですね。

28巻分が本当によく90分にまとまっています。
ほぼオールキャラ出てきます。

ラムセスびいきだからかもしれないけど、私はラムセスが一番カッコよかっなぁ〜。
真風涼帆さんのカイルも皇帝陛下の落ち着きと貫禄があってカッコいいのはもちろんなんですけれど、
やっぱりラムセスが一番好き。
星風まどかさんのユーリも本当にイメージどおりで、元気な感じも声のトーンもまさにユーリ。
衣装も本当によく似合っていたと思います。
衣装といえば、第7〜8場でカイルが青系、ザナンザがピンク系の服をきていたシーンがありまして、
このサイトにある↓のイラストが思い浮かびました。
これをかいたねね専属絵描き女さおりは、もしかしてこの天河宝塚を予言した?と思い
すごいなぁ〜と感心しながら観ていました。




その他に、原作と同じセリフをそのまま言ってくれた時など、
「そう。そうなのよ!」と思わず笑顔に(^-^)。
もう最後の方には感極まって
「ああ、長年私の追いかけてきた天河がこんなに大きくなって……ウルウル( ノД`)」
なーんて状態になっていました。
あっという間の90分。
衣装もセットも天河らしさが出ていて、何よりも出演者の皆さんが素晴らしい!
それぞれの役にはまっていて、楽しかったとか通り越して嬉しかったです。
もう気分はハットゥサ。心はヒッタイト帝国にいます。
天河ツアー以来のドキドキを感じさせてもらいました。

第一幕が終わり、パンフレットを購入しました。


カイル様が美しい〜(*^▽^*)
見開きで篠原先生のイラストのページもありました。
1000円でお安いし、購入しない理由がねねにはない!(笑)


第二幕のシトラスの風も元気をもらいました。
言葉ではうまく言い表せないけど、出演者の皆さんに勇気を貰ったような気がします。
パワーが伝わってきて、悩みとか迷いがあるときに、
こういう舞台を見ると気持ちが軽くなると思います。
何回も観に行くことはできないけど、また観たいという気持ちが起こりました。
フィナーレの羽飾りも華麗で豪華でした〜。皇帝らしい羽飾りでオーラが伝わる!


公演後、宝塚&ねね’Sわーるどファン(多分)のKさんと合流。
まずはグッズ売り場に行きます。

グッズはそんなに買わなくてもいいかな〜なんて思っていたのですが、
『天は赤い河のほとり』という単語がグッズに入っているだけで
ディープな原作ファンは心が躍る。
結局こんな感じになっちゃいました〜。



レターセットで篠原先生に感想送らなきゃね♪
カイルをイメージしたバッグチャームもイイ!
バッグにつけるとこんな感じ〜。



グッズを見ていると薔薇柄の素敵なタオルを発見。
ねね「わー薔薇がある!」
Kさん「あ、それは〇〇さんのイメージの薔薇で……」
ねね「え? これねねのための薔薇柄じゃないの?」
Kさん「あ、そうです。ねねさんのための薔薇です」
ねね「じゃあ買わなきゃ〜」

というわけで薔薇タオルも購入しましたた♪

グッズ売り場を見た後、天河&宝塚ファンのKさんとランチしました。
私が天河ツアーに行っていた頃にサイトを見て下さっていた方で、
天河も宝塚も両方ともディープなお話ができて楽しかったです。
原作ファンの方に宝塚な雰囲気は大丈夫かと心配されていましたが、

「ねね’Sわーるどに来ている人は絶対大丈夫。
だってもっとすごいパロディですもの!ヽ(^。^)ノ」


ねっ! 大丈夫ですよね!(笑)


公演記念ドリンク「イシュタル」を飲んでみました!
うーん、幸せ♪

帰りにロビーでこんなオブジェを見つけました。


これは何かと聞いて見たところ、
今回の公演「天は赤い河のほとり」をイメージしたオブジェだそうです。
おお、確かに! カイルがよく背負っていた百合がある。


(サウンドシアター4より)
カイルが背負っている百合。
後ろでキックリが「カイル様のために百合を!」と言って支えているか、
面倒なのでガムテープで貼ってあるかのどちらかです(笑)。

ねね「おかしい。薔薇がない」
Kさん「あ、これは本編をイメージしてのものなので……」
ねね「うーん、薔薇がないなんておかしい」

ねね、ぐるりと1周する。

ねね「あった! 薔薇」



ねね「おお! やっぱり天河には薔薇。薔薇ムセス〜♪」


ご機嫌で写真を撮りました。

拡大。控えめな薔薇ムセスです♪



他にもね、ちゃんと薔薇見つけましたよ。
でっかい薔薇〜。



公演が終わって数時間経過していたので、ロビーに殆ど人はいませんでした。
最後の記念撮影です。


そうは思ったものの劇場の外に出るとでっかい看板が……。




やっぱりラムセスが一番好き〜。
(思わず側にしゃがむ)


宝塚駅の階段。
ありがとう宝塚。ありがとう天河。
とっても楽しかったです(*^▽^*)。
さよーなら〜。


その後、新大阪まで行って新幹線に乗り、東京駅へ。


東京駅まで戻ってくると、現実の世界。
夢のような楽しかった一日も終わりだな〜と思い、電車に乗っていると、
降りる一つ前の駅で扉が開き、目の前に飛び込んできたものが!



\(☆o☆)/!







目の前に天河が! 宝塚の世界が飛び込んできました。
と、東京に帰ってきたのに!!!
もう、運命としか思えない。
思わず電車から降りて写真撮ってしまいました。

運命と言えば、宙組が発足して20年。
私がネットで天河の仲間たちと会ってからもちょうど20年なんです。
それにも運命を感じちゃいます。
この縁と運を信じて、これからもずっと天は赤い河のほとりを、篠原先生を応援していきたいと思います。
宝塚の公演も本当に素晴らしかったです。
東京公演も縁があれば観に行きたいと思っています。
今までたくさんの方に助けられて、支えられてやってきました。
ご覧いただいている皆様、いつも本当にありがとうございます。
これからもずっと続けていきますので、お時間のあるときに見に来ていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


2018年3月18日 ねね

 立ち読み無料♪



【BACK】 【HOME】